キャラクター | 映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』公式サイト

マキア CV石見舞菜香

数百年の寿命を持つイオルフの少女。おとなしく見えるが芯は強い。イオルフがメザーテ軍の襲撃を受けた時、そこから偶然逃れ出て、赤ん坊のエリアルを拾う。以後、エリアルの母であろうと心に決めて、エリアルを育てていく。

マキアが助けた人間の子供。流れ者の集落が賊に襲われ、エリアルだけが生き延びていた。

レイリア CV茅野愛依存

マキアの友達のイオルフの少女。マキアとは対照的にはつらつとした性格。メザーテ王の命令によりイゾルに捕えられてしまう。

クリム CV梶裕貴

マキアの友達のイオルフの少年。レイリアと恋心を抱きあっていた。

ラシーヌ CV沢城みゆき

イオルフの長老として種族を束ねている。マキアに「イオルフの外に出たら人を愛してはいけない」と説く。

エリアルと出会ったばかりのマキアが迷い込んだ、ヘルム農場の女主人。女手ひとつで、二人の息子を育てている。

ラング CV細谷硅

ミドの息子。幼いエリアルの兄貴分として一緒に過ごす。

ディタ CV日笠陽子

エリアルたちの幼馴染。

メドメル CV久野美咲

メザーテの姫。

イゾル CV杉田智和

メザーテの軍人。王の命でイオルフに侵攻し、レイリアを連れ去る。

バロウ CV平田広明

仕入れたヒビオルを各地で売るために旅をしている。

loader